在宅ワークの確定申告を電話で相談してみた!


こんにちは。

専業主婦の在宅ワークの確定申告について税務署に電話相談してみました。

市の税務署の電話相談を利用しました。



専業主婦が在宅ワークをする場合、所得が38万円以上になると申告が必要です。

この所得は収入ではなく、収入から経費を引いた額になるんですが、在宅ワークの場合経費がどこまで含まれるのか気になりますよね。

ランサーズやクラウドワークスでライターをする場合には、ネットのプロバイダー料金ももちろんそうですし、光熱費の一部も経費とすることができます。

もちろん光熱費の全額ではありません。
一部です。

でもその一部がどのくらいかわからないので聞いてみました!



計算方法は「床面積」と「実際に仕事をする部屋の面積」の割合で決まるということでした。

我が家の場合、延べ床面積が90.31平方メートル、仕事をしているリビングの床面積は書類上どこにも書いていないのですが4.5×4.5なので(図面では)、20.25平方メートルでした。12.5畳の狭いリビングです( *´艸`)

20.25÷90.31=0.22ということで、22%となりました。

昨年の光熱費、24万6,633円の22%は5万4,259円でした。

これが経費とできるということです。

昨年は52万円の収入に対してパソコンを買ったりとしたので、経費が大きく、約18万円だったので、所得は34万円になり確定申告の必要はないとのことでした( *´艸`)

税金は0でも念のために確定申告で書類だけは出しておくとさらに安心かもしれませんね。

税務署に個人事業主の届を出している方は、税金0でもやっておくと税務署の方が自宅に訪問ということもなくなるのでぜひやっておきましょう。

今回勉強できたのは、絶対に領収書などは残しておかないといけないということですね。

支払がクレジットになっているものでも、メールできた領収書などをプリントアウトしておかないといけません。

個人事業主の確定申告時期は2/16~3/15までです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 楽しい貧乏暮らしへ
にほんブログ村


日記・雑談(主婦)ランキングへ



tag : 在宅ワーク 確定申告 税務署 電話相談 経費

2017-01-06 : 在宅ワーク : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

moru

Author:moru
関西在住の40代前半の在宅ライター。
高額な住宅ローンを支払いつつ、
育児や貯金をがんばっています。

新着ランキング

楽天市場

いらっしゃいませ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク

在宅ワーク

ランサーズ
クラウドソーシング「ランサーズ」

クラウドワークス


おすすめ♪